教材費と管理費は相場が無い?事前確認が最重要!

家庭教師センターのホームページを見ていると、教材費、管理費は相場が無いように見えます。

家庭教師センターごとの違いが大きすぎるんですよね。教材費を一律で別途請求するところもあれば、教材費などの請求が無いところもあり、家庭教師センターによってバラバラです。そんな背景もあって、最近は「授業料以外は0円」なんていう表記をしているところも増えました。

で、ですね・・・ここからが重要なんですが、
毎月の授業料以外の請求がとても多い家庭教師センターもあります
別にこれは悪いことではないのですが、事前にしっかりと調べておかないと、契約時に「えっ??そんなにかかるの???」なんていうことになりかねません。織り込みチラシなど見ると、具体的な金額を明示していない家庭教師センターもありますから、注意しましょう。
契約前に、しっかりと具体的な金額を確認しておいた方が良いですよ!

知らないと後で焦る・・・教材費が1科目~万円っていうケースもあり!

家庭教師センターの授業料という面で、うえちゃんが気になっているのが教材費です。すでに書いたように、教材費関しては相場がないのが実情だと思います。
過去に教材に関してのトラブルが多発したためか、教材を扱わない家庭教師センターが現在の主流ですが、教材販売を行っているところもまだまだあります。

教材費については「おやっ?」と思うところが何か所かありました。
その中でも、 教材費が1科目あたり、年間40,000円近くする所もあります。
1カ月あたりにすると3,300円程度なので「ちょっと高いかな?」という感覚になりますが、これは良くある金額なのでしょうか? ちょっと考えて見ました。

1年間の1科目の教材費が1万円を超えたら、ちょっと高めの設定です

■一般の書店で手に入る教材
中学生向け数学の問題集ではAクラス問題集などが有名だと思います。
この問題集の場合、1冊1,500円程度です。中学3年分で考えても大体3~4冊程度でです。
ですから、中学3年分の問題集を買ったとしても6,000円程度ですね。

■中学受験の教材
有名な四谷大塚と日能研を調べてみました。
四谷大塚の予習シリーズのテキストと演習問題集が1科目あたり年間4冊で合計7,560円程度です。
日能研だと、小6の4科目の教材費が年間26,711円、副教材費を合せても、年間32,465円です。
(2013年9月調べ)

こうして考えてみると、1科目の教材費が年間10,000円以上かかる場合はちょっと高いかもしれません。教材というのは、開発に膨大な時間とコストがかかります。ですから、けっして、教材費が高いことが悪いわけではありません。ただ、授業料を安く表記されていたりすると、どうしてもそこ飛びついてしまい、教材費など授業料以外にかかる金額を見落としがちになりますから、その点は注意して下さいね。

教材費・管理費は、事前確認が大切!中途解約についても確認しましょう。

このように、料金を確認するときは授業料だけでなく、「全部でいくらになるのか?」という点と、「途中解約した場合、教材費はどうなるのか?」の2点を確認した方が良いでしょう。
※教材費だけはローン契約になってしまい、家庭教師をやめる時に「途中解約には応じられない」と言われトラブルになったケースもあります

myAvatar07「授業料だけでみると安い!と思ったけど、教材費まで入れると実はそんなに安くなかった。」なんてことになりかねません。契約前の鉄則は、「何でも根掘り葉掘り聞くこと」ですね!

家庭教師の相場について、学年別の詳細データはこちら!

家庭教師の相場 全体の傾向
 家庭教師の授業料を徹底調査、平均値を出しました!
家庭教師の相場/小学生補習の場合
 小学校の補習でも、プロの先生は高額になります。
家庭教師の相場/中学受験生の場合
 中学受験は塾+家庭教師の併用になるケースも!コスト調査は大切。
家庭教師の相場/中学3年生の場合
 プロの先生と学生の先生、志望校などによって授業料に大きな差が!
家庭教師の相場/高校3年生の場合
 大学受験の家庭教師はある程度のコストを覚悟する必要があります。