家庭教師の相場/中学受験生の場合

myAvatar07小学校6年生の学校補習の場合、
90分あたりの授業料の平均は6,148円、
学生家庭教師の平均は4,580円プロの家庭教師の平均は8,485円
という結果になりました。
下のグラフは「小学6年生で中学受験の場合、90分あたりの授業料はいくらか?」を表しています。

中学受験をする小学6年生の授業料のグラフ

大体の傾向は小学補習生とほとんど同じで、
1)プロと学生の差が大きく、
2)授業料が安く設定されているほど、授業料以外の料金が加算されるケースが多くなります。
90分あたりの授業料の平均を調べたところ、次の表のようになりました。

プロ/学生 90分あたりの授業料 週1回90分の授業に換算した時の月謝
全体 6,148円 24,592円
学生家庭教師 4,580円 18,320円
プロ家庭教師 8,485円 33,940円

受験生の授業料は、補習生よりも高くなる

受験生の場合、やはり補習生よりも授業料が高めになります。具体的にどのくらい違うのかというと、
90分あたりの授業料では、学生家庭教師で約450円のアッププロ家庭教師では約700円のアップです。
週1回90分の授業を受けた時の月謝に換算すると、学生家庭教師で約1,800円のアップ、プロ家庭教師では約2,800円のアップになります。

これは、中学受験の指導にはそれだけ経験やスキルが必要だからなんです。家庭教師の先生も経験やスキルによって時給が変わりますから、それが授業料にも反映されるわけですね。

次の表に、受験生と補習生の場合で、授業料がどの程度変わってくるのかまとめてみました。参考にしてみてください。

プロ/学生 90分あたりの授業料 週1回90分の授業に換算した時の月謝
補習生 受験生 補習生 受験生
全体 5,596円 6,148円 552円 22,384円 24,592円 2,208円
学生 4,109円 4,580円 471円 16,436円 18,320円 1,884円
プロ 7,777円 8,485円 708円 31,108円 33,940円 2,832円

中学受験でのプロ家庭教師の授業料は高く、その分、合格の可能性は高くなる

中学受験の場合は指導にスキルが必要な分、経験のある先生の時給は高くなっていくんですよね。特にプロの先生って生活かかっていますから必死です。その分プロ意識も高くなり、合格の可能性も上がっていくわけです。そして、授業料も上がっていく・・・・うーん、プロと学生でどちらが良いのか悩みますよね。

どちらが良いのかを考えたページ(プロと学生の違い)もあるので、よかったら読んでみて下さい。

家庭教師の相場について、学年別の詳細データはこちら!

家庭教師の相場 全体の傾向
 全国展開している家庭教師の授業料の平均値を調べました。
家庭教師の相場/小学生補習の場合
 受験じゃなくて補習なら授業料はどうなるか?をまとめました。
家庭教師の相場/中学3年生の場合
 難関校の合格を目指す場合、家庭教師の授業料は高額になります。
家庭教師の相場/高校3年生の場合
 実績のあるプロの家庭教師、医学部受験はコストが大変です。
授業料以外の費用/教材費・管理費
 教材費が高額なケースもあるので、入会前には聞いておきましょう。