【大手高校受験塾についていけない中学生】大手塾対策は家庭教師が有効!

大手の学習塾はしっかりとカリキュラムが組まれているので、ついていくことさえできれば、希望のレベルまで到達できます。しかし、授業ペースと子供の理解のスピード、説明の順序と子供の実力の間にミスマッチがあると、授業についていけなくなってしまいます

そうなってしまったら、どうするか?

結論から言うと「自力で回復するのは難しいので、家庭教師の力を借りたほうが良い」です。家庭教師センターの中には、大手進学塾についていくための対策をしてくれるところもあります。そういったところに対策をお願いすると良いでしょう。家庭で何とかしようとしても、親も子供もストレスがたまるばかりです。余計な気苦労を背負うよりは、プロに頼んだ方がずっと楽になるでしょう。

→ 大手塾補習におすすめの家庭教師はこちら

ここから先、 もう少し細かく理由を考えていきます。

授業のペースが速すぎてついていけないときは、順を追って説明してくれる家庭教師がイイ!

なんとか授業についていきたい。でも授業展開のペースが速すぎてついていけない。そんな状況だととてもストレスを抱えてしまいます。ストレスが諦めや絶望に変わる前に、何とか手を打ちたいですね

「授業のペースが速すぎてついていけない」と感じる原因がどこにあるのでしょうか?

多分、「先生が凄く早口で、他の塾の先生の2倍は早くしゃべる」というのではありません。何かしら上手に説明を省略しているので、早いペースが維持できているのです。このとき、省略された部分は「このレベルなら説明しなくも大丈夫な生徒たちだろう」とか、「この問題を解説すれば、この部分の説明は下も同然だろう」と判断された部分です。大手塾のカリキュラムはこのようね、レベルによる省略と、重複による省略を上手に使っています。

ですから、「ペースについていけない」ということは「省略されてしまった部分に引っかかってしまっている」状態であると言えます。ですから、必要なのは、「何が省略されていたのか」、「どこに注目すれば、それがわかったのか」という大手塾では解説されていない部分を説明してくれる家庭教師です。

大手塾は「平均的な生徒」を相手に授業を構成しているので、個々の生徒がその「平均」から外れてしまうのは当然です。子供と「平均的生徒」とのズレを補正するのが家庭教師の役目になります。

宿題が難しすぎてこなせない!というときは家庭教師に解説+授業のまとめしてもらおう!

「宿題が難しすぎて解けない」というときは、2つの原因が考えられます。

  1. 塾の授業を理解した気になっていたが、実は理解不十分だった
  2. 宿題が授業の内容と微妙に違っているので解けない。

もしかしたら、1.と2.の両方が原因かもしれません。この場合は、家庭教師の先生に宿題を解説をお願いしましょう。そして、解説をしてもらいつつ原因が1.なのか、それとも2.なのかを見極めてもらいましょう。

もし、原因が1.のときは、問題を解きながら授業で理解不十分だったところを教えてもらいましょう。授業のノートを参照しながら復習することになると思います。このとき、お願いする家庭教師は、その教科のことが良く分かっていて、ノートから大手塾での授業内容を再現でき、生徒にとって説明不足の部分を見極められる先生にお願いしましょう。プロの家庭教師をお勧めします

もし原因が2.なのであれば、そのまま宿題の解説を家庭教師に続けてもらいましょう。塾の説明とどこまでが同じで、どこが違うのか、何が足りなかったのかを解説してもらいながら問題を解いていきましょう。訳も分からず問題を解いても学習効果は低いですから、解説を聞くことで学習効果を上げていくことが大切です。

おすすめの家庭教師はここ!

家庭教師センターの中には、大手進学塾についていくための対策をしてくれるところがあります。首都圏であれば、「早稲アカ対策」や「Z会対策」などを積極的に行っているところがあります。

具体例を挙げると下記の家庭教師センターです。特にプロ家庭教師であれば効果が期待できます。もっとも、金額も上がってしまいますが・・・。一度、電話して相談してみてはどうでしょう?損にはならないと思います。

→ 大手塾補習におすすめの家庭教師はこちら

例)早稲アカ対策、市進対策、SAPIX対策、栄光対策、ena対策、Z会対策


困ったことがあったらメール下さいね!

uechan_ver2.1お悩みのことがあれば、お気軽にメール下さい。 授業が立て込んでいる時期など、すぐに返信できない場合もありますが、可能な限り、早めに返信します。

メールフォームはこちら

ブログランキング

uechan_ver2.1本日もお読み頂いて、ありがとうございます。このサイトは、人気サイトを目指して、ブログランキングに参加しています。もし、記事がお役に立ちましたら、下のボタンをポチっと押して頂けますでしょうか。何卒、よろしくお願い致します!

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

コメントを残す