頼んではみたけれど、家庭教師の授業料が高い!どうしよう?

家庭教師センターって、どこに頼むかによって料金は大幅に変わってきます。
でも、それだけじゃなくて、
・頼んだ後で、教材費とかの固定費が高いことがわかった
・子供の成績が上がらず、追加の授業がどんどん増えていく!
なんていう話を聞くことがあります。

まあ、家庭教師センターの方にしてみれば、「契約時に全部説明した」とか「教えてみてからわかったことがある」とか事情はあると思います。うえちゃんも個別指導の塾で授業やっているので、教えていたら「あまりにも基礎が出来ていなくて」困り果てることってあるんです。そういう場合は、家庭連絡して、授業数増やすお願いをします。こういう場合って、電話する側も心苦しいです。

多分、教材費などの固定費を下げてもらうことは出来ないと思いますし、授業数を増やした方が良いという部分は嘘ではないと思います。

なので、家庭教師センターに料金面で不満を持っているのであれば、方法は2つ。
1)他の家庭教師センターを探す
2)料金に見合うだけの指導をしてもらう
これしか解決法はありません。

他の家庭教師センターを探す場合

現在の家庭教師センターに不満を持っていて、新しい家庭教師センターを探す場合、気をつけるポイントは2つ。
1)現在の契約を解約できるタイミングを、家庭教師センターに確認する
2)新たに問い合わせる家庭教師センターには、現状の契約内容とそれに対する不満ををそのまま伝える。

解約については、家庭教師センターにしっかりと確認してください。このタイミングで、意外とセンターの対応が変わることもあります。家庭教師センターにしてみれば、お客さんには「やめて欲しくない」です。企業であれば当たり前です。だから、それなりに「こちら側の不満」には耳を傾けてくれますし、やめないでもらうために可能な限り、「引きとめ」てくれます。

「引きとめられる」のが嫌で、新たな家庭教師センターが決まるまで何も言わない人もいるようですが・・・これ、あんまり良くないです。冷静に、現在の不満について話をすれば、それを機会に、家庭教師を変えてくれたり、家庭教師の教え方がメチャメチャ良くなったりすることもあるようです。

新たに、他の家庭教師センターに問い合わせる場合なんですが・・・、「現在利用している家庭教師センターへの不満」はしっかりと伝えてくださいね。これやっておかないと、もう一度同じ不満を抱えることになりません。契約を確認するとか、指導方法を確認するとか・・・確かに大事なんですが、「どう話したら、今回のような不満を持たずに済むか?」って考えるのって、そこそこ面倒です。

そんなことよりも、「今、お願いしている家庭教師センターのココが不満」「今教えてもらっている家庭教師のココが嫌だ」って話した方が、言いたいこと・聞きたいことはストレートに伝わりますよ。そうすれば、「あ~、その部分はうちも同じですね。」とか「そんなこと、うちではあり得ません!」とか言ってくれますから、そこで判断するのが、最もシンプルで確実ですね。

料金に見合うだけの指導をしてもらう

もう一つの方法・・・実は、まずはこちらを試してみて欲しいんですが・・・料金に見合うだけの指導をしてもらいたい!ってことを家庭教師センターに伝えるんです。これ、遠慮しちゃダメですよ~。丁寧に話してあげれば、相手も「クレーム客だ!」なんて思いません。

むしろ、「料金に見合うだけの結果が出ていない」って、家庭教師センターにとっても、家庭教師にとっても、言い訳が出来ない部分で、「それを言われたら謝るしかない!」って言う部分です。家庭教師にもセンターにも、仕事人としてのプライドがありますからね。特にプロ講師の場合は、自分が食べていけなくなりますから、これは必死にリカバリーしようとします。

これ言うだけで、対応が変わる場合って結構あります。あと裏技なんですが・・・普段はお母さんが対応しておいて、こういう時に突然お父さんから電話とかあると、相手は慌てます(笑)。交渉術の一つですね。


最後までお読み頂きありがとうございます!
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをポチっと押して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
トライ_フッター