学研の家庭教師|学生・社会人が混在している家庭教師センター

uechan_ver2.1学研の家庭教師センターは、学生の家庭教師と社会人の家庭教師が混在しています。電話で問い合わせたところ、受験指導も補習も出来るということですが、若干中途半端な印象を持ちました。

家庭教師の登録数がとても多い

学研の家庭教師センターは、老舗の教材会社なだけあって、膨大な数の家庭教師が登録しています。まあ、この部分はとても評価できますね。確かに、家庭教師センターって、こちらのオーダーに合った先生がいるかどうかというのが非常に大切なんで、登録している家庭教師が多いほど、ピッタリの先生に出会える確立は上がるとは思います。

プロ家庭教師じゃないのに、メニューの幅が広すぎる部分が、少し不安

ただですね、、、少し不安なのは、補習から受験まで幅広いサービスメニューがあって、プロ家庭教師ではないという部分。

050受験とか、私立の補習とかになってきた時って、教える先生に十分な情報が必要だし、スキルも必要。そうなると、そこそこの研修が必要なわけです。電話で聞いたところ、学生・社会人ともに、登録後の研修時間は5時間くらいで、教える生徒が決まってからも打ち合わせがあるっていうんですが、プロじゃない限り、それで受験指導とか、私立の補習指導とかは、はっきり言って無理なんじゃないですかね。

じゃあ、それを補うだけのマニュアル化されたものがあるのか・・・って言うと、電話で聞く限りは、あやふやでした。しかも、教材は家庭教師センター独自のものが無いとなると・・・どうやってノウハウの保証がされるのか、子供を持つうえちゃんの立場としても、とても不安です。

学生の家庭教師も社会人の家庭教師も同じ料金

0-71学研の家庭教師は、学生・社会人ともに同じ料金で、指導内容によって料金が変わるという仕組みです。で、しかも、料金設定が学生の相場の上限くらい。うえちゃんは、ここが実は一番不安です。家庭教師センターである以上、利益を出さないとならないでしょうから、授業料が学生家庭教師の相場ってことは、家庭教師に払っている時給が安いはずです。学生の相場で雇われている家庭教師では、仮に社会人が来てくれるとしても、指導の質が不安です。公立の小中学校の補習とか、中堅校までの高校受験指導なら、まあそれでも良いかな・・・とも思いますが、受験と私立に関しては、ちょっと怖くて依頼できないですね。

補習なら良いかも・・・でも・・・

補習指導とか、とにかくやる気を出すっていう目的なら、登録している家庭教師が多い分、子供に合う先生にヒットする確率が大きくなる点では良いと思います。ただ、せめて、統一テキストくらい使って欲しいなと思います。

uechan_ver2.1たかだか数時間、数日の打ち合わせや研修で、きっちりと指導が出来るほど、「教える」っていう仕事は甘くないです。経験不足を補うためには、文章化されたメソッドか、使用する統一テキストの存在が欲しいです。それがないと、、、うえちゃんとしては、ちょっと不安ですね。

家庭教師センターの比較に戻る


最後までお読み頂きありがとうございます!
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをポチっと押して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
トライ_フッター