やる気を引き出すには、塾と家庭教師、どっちが良いのだろう?

さて、そんな「やる気」のための先生探しなんですが・・・(あっ、この記事は「やる気がなければ塾も家庭教師も無駄か?」の続きなんで、気になる人はそちらも読んでみてください。)

うえちゃんは、塾長に教えてもらえるなら「塾」、そうでなければ「家庭教師」って考えています。

塾長に教えてもらえるのがベスト

まず塾なんですが、塾の規模にもよるんですが、最初の面談だけ塾長・・・とか、説明会だけ塾長・・・みたいに、入会時に「インパクトのある塾長」が出てきて、親が「あ~、こんな先生に習えるならいいな・・・」とかって思って入会したんだけど、結局下位クラスになっちゃて、卒業まで塾長には教えてもらえない・・・なんてことよくあります。

ここが塾の問題点で、お客さんを引っ張る人と、実際に教える人が違ってしまうことが多いんですよね。うえちゃんが教えている程度の塾だと、教える人がそのまま初回の面談に出るなんてこともあるんですが・・・中々少ないです。

フランチャイズの個別指導塾とかだともっと酷くて、初回面談で教室長が出てくるものの、教室長は教務とかはできず、教えるのはバイトだけとかってことも結構聞きます。こうなってしまうと、「やる気にさせてくれる先生」と出会う確率は低いですね。

近所で評判の個人塾とかなら、面談する先生=教える先生=塾長なので、シンプルに、親が先生を判断できます。これはおススメです。やっぱり塾長って違いますよ。講師であると同時に経営者であるケースが多いですから、やっぱり、その人の人生がオーラとなって現れてきます。生徒も、「あっ、この人の言うことなら効かないと・・・」って思う確立が高いと思います。

意識の高い仲間が多そうなら、競争意識とか期待して塾に入れるのもアリ

競争意識が強い子なら、塾に入れて、競争相手が見つかるだけでもちがってくるケースはあります。ただし、それが期待できるのは、進学塾で、合格実績の出ているクラスだけです。塾長に教えてもらえなくとも、トップクラス近くに近づいている位置にいないと、クラスの中には色々な子供がいるので・・・「やる気の無い子」「宿題をやらない子」「塾でふざけている子」に強く影響されてしまう・・・なんてこともあり得ます。

やる気を引き出してもらうなら家庭教師がおススメ

「この人なら!」って思える塾長さんにめぐり合えないときは、やはり家庭教師が良いでしょう。「やる気にさせてくれる先生」に出会える確率がぐ~んと伸びます。場合によっては、個人塾の塾長さんよりも良いかもしれません。

なぜか・・・?理由は単純で、塾長は、授業を受けている全ての生徒に目を向けないと成らないわけですね。だから自分の子供にどのくらい一生懸命になってくれているのかがわかりません。保障がない。集団で引っ張っていく迫力とか、雰囲気とかがあれば、集団でも「やる気にさせてくれる」可能性はありますが、そこは塾長の力量次第になります。(まあ、塾長がマンツーマンで教えてくれるなら最強ですが、そんな塾って、かなり人数が少ない塾でしょうから、そんな人気の無い塾の塾長ってどうかな・・・?っていうのもあります。)

それに対して、家庭教師の場合、少なくとも教えてくれている間は1:1です。先生は、自分の子供だけを見てくれているわけです。もし、その先生がプロだったら、あらゆる方法で「子供のやる気を引き出す方法」を考えてくれますよ。それが出来ないと家庭教師は、業界で生き残っていけないので、彼らも必死なんです。だから、家庭教師からの「やる気にさせたい」っていう気持ちがストレートに子供に伝わります。

これって凄いことなんです。塾の集団授業じゃ、やりたくても出来ません。まあ、ストレートに伝わる分、相性悪ければ最悪ですが・・・。ただ、必ず体験授業はあると思いますから、体験授業で判断しましょう。で、もしちょっとでも、「この先生・・・悪くないんだけど・・・」って思ったら、思い切って断ること。

家庭教師は契約期間が定められるんで、中途半端な決断をしてしまうと、後で公開することになりかねません。

家庭教師を頼むにあたっての疑問や不安へ戻る


最後までお読み頂きありがとうございます!
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをポチっと押して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
トライ_フッター