意外と知らない落とし穴|頭の良い家庭教師は頼むな!

家庭教師の学歴とか気にしますか?

多分気にする人が普通だと思います。誰だって、自分の子供は、頭の良い先生に教えてもらいたいですからね。でも、実はコレ・・・大きな落とし穴があることに注意してください!

頭の良い人、高校生まで優秀だった人は・・・教えるのが下手!

これ、塾講師を長年やっているうえちゃんからすると常識です。人間って誰でも自分を基準にものを考えます。自分が普通だって考えます。だから、「周りの人も自分と同じことが出来て当たり前」って思いやすいです。

真面目だった人にとって、真面目は当たり前

0-44高校生になるまで、ずっと真面目にやってきて、いつも成績が優秀だった人は、それが当たり前って思っています。そんな人に、わが子を預けて大丈夫か??って必ず考えて下さいね。自分の子供も、そのあたりが同じであれば構わないんですが、手がかかるタイプの子供だったりしたら、そういう先生はむしろ避けてください。

でも、こういった「優秀だった自分を基準に」生徒を教えてしまう人であったとしても、長年経験をつんでいけば、そのあたりに気付いて良い先生に化けていくケースもあります。最悪なのは、自分の殻を破れない「優秀だった」人。プライドが高くて、自分を変えられないタイプですね。

最悪なのは、プライドを捨てられない真面目な家庭教師

0-96毎年、うえちゃんの塾では、多くの大学生が「講師」として働いています。その中で良い先生になれない人って、プライドが高くて、「成績が優秀だった人」ですね。「自分が優秀だ」ってプライドがあって、生徒のレベルに自分を落とすことが出来ないんです。生徒の気持ちも、状況も理解しようとせず、ただ「これが正しいんだ!」っていう自分の基準に生徒がついてくることだけを期待している先生・・・だいたい1ヶ月もすれば辞めていきます。

家庭教師にもこういう学生っていますよ。でも、生徒と先生2人だけの密室で勉強しているので、事が明るみに出ないだけ。でも、家庭教師でも1年は持たないです。

家庭教師を選ぶ時注意すべき「真面目な」家庭教師とは?

・・・ということは、、、家庭教師始めて1年以上は経過した学生じゃないと、こういう危険性が潜んでいるってことです。

なので、「経験1年以上」っていうのを条件として付け加えた方が良いですね。一番危険なのは、
高学歴
真面目
経験1年未満
この3つがそろったら、こういう家庭教師は絶対にやめてくださいね。


最後までお読み頂きありがとうございます!
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをポチっと押して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
トライ_フッター