遅刻をする家庭教師、帰る時間を気にする家庭教師は、NG!

まあ、当たり前のことといえば、そうなんですが、遅刻をする家庭教師はNGですね。それから、授業中に「帰る時間」を気にしてばかりで授業に集中していないような家庭教師もNGです。どちらも指導にパフォーマンスを発揮できないタイプの家庭教師なんで、すぐにでも代えてもらった方が良いくらいです。

遅刻する家庭教師は看過するな!

遅刻をする家庭教師って、だいたい次のうちのどちらかです。
1)時間にだらしない
2)家庭教師の前に別の用事を入れている

1)の時間にだらしない家庭教師なら、もう、そもそもが信頼できないです。ひとそれぞれ長所と短所があると言っても、この手の短所は家庭教師としての適性を欠きます。教える仕事って、成果を出す時点からの逆算で考えないとなりません。学校の定期テストで結果を出すなら、そこから逆算して「今週は何をやって、来週は何をやって・・・」という思考が大切です。ましてや受験指導であれば、受験当日に合格するための力をつけるために勉強するので、受験日から逆算して、今何をしなければならにか・・・ということを逆算する必要があるわけです。でも、時間にだらしないという短所を持ってしまっている人間に、このタイプの仕事は無理です。日々の行動で、時間の逆算ができないから遅刻しているわけですしね。。。

2)の場合は、実はもっと問題で、わが子の指導に集中できていない可能性があります。うえちゃんは塾講師20年やっていますが、生徒を教える前って、頭の中が生徒のことで一杯になります。今日は何を教えるのか、どんな所で躓き(つまづき)そうか、その時にどんな解説しようか・・・プロであればこういった程よい緊張感みたいなものが、授業前って存在するわけです。だから、遅刻とかあり得ません。1秒でも時間を無駄にしたくないですからね。

ところが、授業の前に別の予定(別件の家庭教師であっても同じ)を入れていて遅刻するってことは、わが子の授業のプライオリティー(優先度)が低いわけですよね。本気で授業に取り組んでいたら、教える人間って時間を無駄にしたくないですから。しかも、遅刻してやってきて、授業に集中できているわけが無い。気持ちが落ち着いていない先生に教えられて、子供の理解が進むって思えますか?まず無理な話です。

遅刻は「たまに」なら仕方ない・・・っていうのもありますが、それでも1ヶ月に1回くらい必ず遅刻するようだったら「多い」って考えてください。で、すぐに家庭教師センターに連絡して、家庭教師に言ってもらった方が良いです。場合によっては、先生が直してくれることもありますし、全く遅刻癖が直らない場合に、先生を代えてもらうための布石にもなります。

時計ばかり見ていて帰る時間を気にしている家庭教師は最悪・・・

授業中に、しきりと帰る時間を気にするそぶりをしていたら、これは一発退場モノですね。指導に集中できていない証拠です。こんな家庭教師がいたら、すぐにでも代えて貰って下さい。100%結果を出すことができないです。

まあ、家庭教師だって、色々とプライベートもあるでしょうから、そんな日が、1年に1回あっても仕方ないかもしれません。「あ~、早く帰りたいな・・・・」みたいな日。でも、そういう時って、絶対に授業の集中力が切れています。特に家庭教師って、「生徒の弱点を細かくフォローできる」っていうところが最大のメリットなわけで、そんなこともしてくれない家庭教師では、普通の塾に行かているのと変わらないわけです。わざわざ高いお金出して頼む必要ないですよね。

もし、こんな日が、何回もあったら、目標達成は不可能になります。こういう場合は、遠慮なく家庭教師センターに相談してくださいね。もし、言うだけで家庭教師が態度を改めてくれればそれも良しですが、直らない場合は、やはり家庭教師を代えてもらいましょう。


最後までお読み頂きありがとうございます!
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをポチっと押して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
トライ_フッター