こんな家庭教師はやめてしまえ!|宿題の管理が出来ないケース

当たり前ですが、家庭教師の宿題ってとても大切です。家庭教師って、もちろん成績を上げてもらうとか、勉強を好きにさせてもらえるとか・・・何らかの期待があって頼むと思います。もちろん、塾じゃなくて家庭教師・・・っていう選択をしているわけですから、「塾よりも手厚いケアをしてくれる」って期待もあると思います。先生一人と生徒一人ですからね、、、当然です。

ところが、こんな期待と裏腹に、絶対に結果を出せないタイプの家庭教師がいます。

・・・宿題の管理が出来ない家庭教師・・・

このタイプの家庭教師は、絶対に結果を出せません。なぜか・・・?

テストで点を取るためには、復習が欠かせない

0-86子供って、習ったことをすぐに忘れます。何もしなければ、昨日やったことは今日忘れています。うえちゃんが授業していると、これは本当に痛感しますね。

でも、全員が全員忘れているわけではない。なぜなら、復習している子供と、一部ですが「記憶力が異常に発達している」子供がいるからです。この一部の特殊な子供は抜きにして、授業の後に復習しているかどうかで、翌日まで記憶が残るかどうかって決まってきます。

で、テストを受ける時って、こういうことの積み重ねがものを言うわけですよね。授業受けて復習するってことを繰り返して、知識を定着させていく・・・つまり、復習して定着させなければ、テストで思うような点数はとれないわけです。

家庭教師の場合は、特に復習のチェックが大切

家庭教師だってここは同じ。ましてや塾ではなく家庭教師を選んで「手厚いサポートを期待」しているぐらいですから、子供は「自分で復習する力」は少し不足しているタイプかもしれない。このタイプの子供が、授業を受けっぱなしで、復習していないとどうなるか・・・・?

0-32毎回授業だけ受けて、「わかったような」気になって、しばらく経ったら何も身についていませんでした・・・ってことになるに決まっています。

ましてや家庭教師の場合、1科目ごとで考えると、週1回の授業というケースが多いはず。そうなると授業してから、次の授業まで、「復習は自分でやっておいてね・・・」みたいに放置されたら、大変なことになるわけです

だから、「宿題を出して、チェックして、復習できていないところはフォローする」ってことは必須項目。絶対に外しちゃいけません。それなのに、それが出来ない家庭教師って意外と多かったりします。

意外と難しい!宿題の管理

実は、宿題を出して管理するって、経験とスキルが必要だったりします。

0-53「この生徒が次のテストで結果を出すためには~が出来るようにならないといけない」

「そのためにはこれだけの課題が必要だ」

「この子は、この課題を~時間かけてできるだろうから、今週の宿題にしよう」

こんなことを逆算して考えないといけません。ところが、教えるという仕事を始めたばかりだったりすると、こういう発想がないんですよね。特に、学生時代成績優秀だった先生に限って、こういう傾向があります。自分の学生時代を基準にしてしまうので、「この程度ことは、自分で理解できるだろう」「この程度のことは、言われなくても復習しているだろう」なんて、考えてしまうわけです。

そうなると、もう、全然ダメですね!どんなに良い授業していたとしても、生徒の成績は伸びない。子供は喜んで授業受けていて、授業は真面目に受けているはずなのに、成績が伸びない。先生に聞いても「わかっていると思いますよ~」なんて軽く返事されちゃったりします。

親が家庭教師の「宿題チェック」を確かめる習慣がポイント

こんなわけで、家庭教師を頼んだら、

宿題を出しているか?チェックしてくれているか?

っていう部分は、必ず、確かめて下さいね。金をドブに捨てることになりますから。

じゃあ、具体的に何をチェックすれば良いか?ってことなんですが、授業が終わるたびに、

・宿題の範囲はどこか?
・先週の宿題を子供はやっていたか?

ってことは聞いておいた方が良いです。その時に、「ノートを見ながら、家庭教師に教えてもらう」ってところがポイント。これやらないと、

家庭教師は「宿題やってます」って言っているけど、子供がやっている様子がない・・・しかも子供はノートを見せてくれない

なんていう事態に陥りかねません。授業が終わったら、家庭教師にノートを見ながら、家庭教師がその日にチェックした宿題の内容と、その日に出た宿題の内容の説明を聞く・・・これは、面倒でも必ずやりましょう。

これをやっていると、家庭教師も「あ~宿題のチェックしっかりやっとかなきゃ!」って思います。家庭教師だって人間ですから・・・手抜きして楽したいって思うことだってありますよ。でも、保護者がそれを認めないって態度はしっかりとっておけば、そんなことは出来なくなりますね。


最後までお読み頂きありがとうございます!
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをポチっと押して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
トライ_フッター