【中学生のテスト勉強】英語のテスト勉強の仕方

【中学生のテスト勉強】英語のテスト勉強の仕方

テスト前になって「勉強しなさい!」と言っても、

何を勉強したらいいのかわからない…

という中学生が増えているようです。とりあえず、何かやれ!でもいいとは思うのですが、勉強したけどテストで成果が上がらなければ本人も勉強するのが嫌になってしまい、勉強しなくなり、またテストの点数が下がってしまう…という負の連鎖に陥ってしまいます。勉強時間も大事ですが、勉強の仕方もある程度知っておく必要があると思います。勉強の仕方が分からないという悩みを抱えている人に役立てるよう、状況別にテスト勉強の仕方をまとめてみました!正直やる気のない子には向かないですし、効果のない勉強法だと思いますので、「頑張りたい!」「テストの点数を上げたい!」と思っている人はぜひ参考にしてみてください!

中学校の英語が全くできない人のテスト勉強法

平均点が取れない。いつも英語は50点以下
という人は、これを試してみてください。

とにかく英文を書いて書いて書きまくる!

中学校の定期試験は、英文法の全てを知り尽くしていなくても点数が採れます。では、点数が採れる子と採れない子の違いは何かというと、「英語に慣れ親しんでいるかどうか」なのです。英語が苦手な子は、圧倒的に英文に触れる量が不足しているのです。英単語や英文を右手が真っ黒になるまで、ノートが1冊なくなるくらいまで徹底的に書きまくってみてください。問題集や教科書の勉強をするのは、その書く練習を終えてからで構いません。自分では効果をなかなか感じられませんが、身になっていないと思っても絶対に身になっています。英語感という漠然なものですが、とても大事なものが身に付きます。最初はつらいと思いますが、英語を得意に変えるために頑張ってみてください。

中学校の英語が平均点くらいの人のテスト勉強法

いつも定期試験は平均点前後するような普通の点数・・・。
成績4がほしいけど、テストが平均点なので、3になってしまう。
そんな人のテスト勉強法はこれです。

教科書を丸暗記してみてください!

「教科書丸暗記なんてしてもしょうがない…」と思っている子がものすごく多いのです。でも、中学校のテストは、大体、教科書の単語・熟語・表現を使って作られた穴埋め問題や並べかえ問題ばかりです。だから、教科書をしっかり覚えていれば、テストで8割は狙えます。これは実際に私が教えている生徒にもやらせたのですが、やりきった子は百発百中で、効果を発揮していました。こんなに効果抜群の勉強法はないのではないかと思うくらい。しかし、やってみると結構大変なので、途中であきらめてしまう子も多いのは確かです。絶対に点数を採りたい!今回の定期試験で確実に点数を採りたい!と思っている子で、根性のある子は、言い方悪いですが、騙されたと思ってやってみてください。中途半端にやっても意味はないです。完全になるまで徹底的にやりこんでみてください。それだけやれれば、絶対に後悔はしないと思います。

中学校の英語テストはよくできる生徒

あまり勉強をしていないけど、いつも学校のテストでは90点台
そんな人はテスト前、こんなふうに過ごしてください。

テスト1週間前から教科書の勉強をしておしまい!

中学校のテストで点数が採れているのであれば、それで満足をせず、普段からの学習は英語の実力を上げる勉強をしてください。入試に向けて先取り難易度の高い問題への取り組みイディオムの強化などです。最近の中学校の教科書の内容はとても薄くなってきているので、それだけでは、本当の意味での英語力は備わりません。英語は高校や大学、また、社会に出てからも付きまとってくる言語なので、せっかく得意の英語なのであればなおさら、誰にも負けない完璧な英語力をつけることをお勧めします。


最後までお読み頂きありがとうございます!
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをポチっと押して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
トライ_フッター